仲良くするしかない腰痛という相棒

住宅の設計の仕事をしているのですが、丸一日パソコンの前で座りっぱなし、腰がガチガチに固まって腰痛…ひどいです。

椅子の高さを調節してみたり、柔らかいクッションを敷いてみたり等の対策を講じてみたのですが、良いのは最初だけで一週間ほどでまた元に戻ってしまいます。

時々席を立って腰を動かす体操等をすると良いとは聞くのですが集中しているとついつい忘れてしまいがちで、電話が多い日などは尚更席から立つなんて難しい日も多いです。たまに思い出して(その場では恥ずかしいので)トイレに立って個室で腰を動かすとポキポキと音が。気持ちいいのですがしょっちゅうトイレへ行く訳にもいかず、一日中湿布を貼って過ごしていました。

なんだか最近湿布も効かないなと思い始めた頃に、病院で処方される湿布薬の方が効くという話を耳にしたので先日整形外科等に行ってみました。電気治療などの受けた後に処方された湿布を貼ってみるとなんと、これがものすごく効果があり信じられないくらい痛みが引いていきました。市販と処方でこんなにも差があるとは。先生にも注意されたので時々席を立って腰を動かすのも忘れずに、この湿布を貼って仕事を乗り切りたいですね。別に相棒ということではないのですが、つかず離れずずっと一緒なのが腰痛です。

本音を言えばそれはもう、一切腰痛なんてなくなればいいと思います。

でも何十年と生きてきた自分の姿勢とか生活パターンを急には変えられないでしょう。

よくなったと思ってもまた、何かがきっかけで現れるので半分はあきらめています。

腰痛持ちとはどの程度のことを言うのかはっきりしません。

私の場合は普段は全く大丈夫でも、長く歩き回った次の日とか重いものを持ち歩いた次の日とかに痛くなります。

昔ぎっくり腰を経験したので、荷物を持つときとか腰をかがめる時には無意識に注意はしています。

ですからなんとなく自分で今日は痛くなりそうとかわかるようになっています。

今日はちょっとやばいかも、と思う日は靴下をはく時も顔を洗う時も姿勢に気をつけます。

冷やすのはよくないので、真夏以外は貼るカイロを腰にはります。

家にいる間は極力横になって、お風呂でじんわり体を温めたりします。

少し歩けるときは腹筋を使いながらウォーキングです。

結局は温めることと、安静にすることが一番なような気がします。

腰痛は仲良くしたくないけど、うまくかわしながら付き合うしかないかなと思います。

高反発マットレスでの寝心地の良さ

質の良い睡眠をするためにも、お布団やマットレス選びは大切となります。

睡眠で疲れをとることは、翌日に快適な1日を過ごそうと思う人にも非常に必要な事となります。

高反発マットレスは最近、とても人気のある寝具なのです。

低反発枕や、低反発マットレスなども人気あるものです。

低反発の商品で効果を感じない場合など、高反発のマットレスで寝心地がよくなる場合があるのです。

高反発マットレスは、睡眠のためにも良い姿勢を保つものです。

低反発の商品とは違って、高反発マットレスは硬いものではあります。

その硬さが睡眠のためにも、役立つものとなるのです。

人の立ち姿は、背骨がS字のカーブとなることで、体幹もしっかりとするものです。

高反発マットレスで睡眠時は、その立ち姿のまま横になった状態となり、理想の睡眠姿勢が保たれるわけなのです。

睡眠時には寝返りをよくする事となりますが、その際には背骨がまっすぐとなった状態が良いのです。

高反発マットレスは、寝返りがしやすい事がメリットとなります。

適度な硬さの高反発マットレスは腰や肩などに負担が掛からなく、理想の睡眠にしたい場合にも体勢がくずれにくいものです。

高反発マットレスは、正しい形で眠ることで、腰の症状が良くなる人もいらっしゃるのです。

高反発マットレスは他にもメリットがあります。

洗濯が出来るものが多くあり扱いやすい商品です。

高反発マットレスは、元に戻る力があるマットレスです。

マットレスを使用することで凹むようなクセがつきやすくなる傾向があります。

高反発マットレスは、形のくせがつきにくく、へたりにくい特徴があります。

やはりお布団やマットレスに関しても、良い睡眠を感じるためにも人によりお好みはあるものです。

お値段的にも高めの高反発マットレスとなりますが、通気性が良い素材のために長持ちもするものです。

高反発マットレスの購入をお考えの人など、寝転がることができるお店があります。

試してから気に入っての購入なども、ご安心できるものとなります。

今まで経験したことが無い腰痛

私は腰痛に悩んでいます。

半年前に自宅の階段から落ちて圧迫骨折をしてしまいました。その時の後遺症がまた発症したのではないかと思い、関節痛で通院している整形外科の医師に聞いてみた所「圧迫骨折は第4関節で痛い所はもっと下なので違うよ。骨折した所はもう治っているから大丈夫。」と言われました。

骨折をして入院した時に、わたしの体に合ったコルセットを作ってもらったものが有り、それをしていると楽だと言ってみたら、筋力が弱くなってしまうので使わないようにとも言われました。

事務の仕事をしていて殆ど座ったままなので、そのせいかもしれないと運動をすることを勧められました。

職場の同僚がお昼休みにお散歩をしていて、そのことを話したら「一緒に行かない?気持ちが良いよ。」と誘ってくれました。職場でまた座っておしゃべりをしているよりも健康的に思い、最近になって行き始めました。30分程歩くのですがホカホカと体も温まり、気分もスッキリします。

また腹筋や背筋をすると聞いた事もあるので、腰痛が治まって来たら鍛えていきたいと思います。
そんな辛い腰痛も寝る事によって解決をしてくれたモットン。
本当に感謝をしてもしきれない気持ちです。

サッカー選手やプロのスポーツ選手が使っている意味が良く分かりました。
これからも腰痛対策の為にモットンを使っていきたいと思う。
最近めっきり寒くなってきました。そうなると、つい、体が縮こまって全身に力が入ります。そのくせ、体を動かすのはおっくうになり運動不足に。冬は、寒さから身を守ろうとするなにげない動作が、肩こり、腰痛の原因になっている気がします。もともと、ぎっくり腰の経験があり、姿勢には気をつけてはいるのですが、やはり、気を抜くとついついコートに手をつっこんで、猫背になって歩いてしまっています。そのため、寝る前のストレッチは入念にするようになりました。得に腰痛防止には、猫のポーズ?というヨガの形があるのですが、これが結構効きます。ほん四つんばいになって、ひざをのばし、猫が伸びをするような形になり、また元にもどす、これを2、3回するだけです。ほんのちょっとの事ですけど、継続は力なり、です。モットンで寝る事も継続に限りますね。

騒音対策で買い替えました

結婚して3年程夫婦でボロアパートの2階に住んでいます。2Kで狭く、ベッドを置けるようなスペースはありません。

エアコンの設置してあるフローリングの部屋にマットレスを敷いて寝ています。主人が独身時代から使っていた、ボロボロマットレスでした。

買い替えたかったのですが、言い出せませんでした。

最初入居した時は、階下の人は独身の男の人の1人暮らしで仕事でほとんど家にいないため、生活音も騒音も気にならず静かな環境で満足していました。

ですが1年半後住人が入れ替わり、ヤンキー一家が引っ越して来ました。子供は小学校低学年くらいの男の子1人。

入居早々、夜から明け方まで騒ぎまくっていました。窓全開でテレビに大音量、お酒を飲んでいるようで夫婦でものすごい騒いでいました。

子供も夜中まで起きていて、家族でドッタンバッタン騒いでいました。主人が注意してくれたので、だいぶマシになりましたが。

アパートに作りの問題もあるかと思いますが、凄いです。普通に話す声もすごい聞こえます。マットレスですとベッドよりも耳を床に近づけて寝ますので、余計気になります。

とにかく眠れません。主人は夜11時までには寝て仕事の日は朝は4時には起きてますが、眠れなくて困っていました。

そこで自衛しよう、ということになり耳栓を購入、マットレスも厚手のものに買い替えました。耳栓は快適ですが、マットレスは全く効果がありませんでした。

夏になり、その厚手のマットレスは湿気がたまるみたいだったので、夏用の湿気を吸収するとかいうマットレスも買い足しました。

この夏用のマットレスは結構快適です。フカフカ具合といい、湿気もそんなに気にならないです。もちろん騒音対策にはなりませんが。

まさか騒音対策でマットレスを買い替えるとは思いもしませんでした。しかも収納出来ず、最初に買い替えたマットレスは出しっぱなしです。4つに折れますが。

ベッドの置けるような部屋に住みたいですが、当分無理そうです。もうアパートはこりごりですので、来年の更新で平屋に引っ越ししたいです。

平屋は底冷えするでしょうから、今度は寒さ対策のマットレスと買い替えすることになるのでしょうか。色々調べてみようと思っています。

高反発マットレスはどうやって選べばいいの?

高反発マットレスといっても多くの商品があります。このサイトではサイトタイトルの通りモットンを推奨していますがそれ以外の高反発マットレスではどれを選べば良いのでしょうか。
まず生産国で見てみましょう。主として、国産、欧米産、中国産のものがあります。国産以外のものは輸送費が掛かりますのでその分が上乗せされています。ここでチェックするのは「ロールパッケージ」になっているかどうかです。
マットレスは人が寝るサイズの物ですからかなり大きく、マットレス状態でも三つ折りにしても原型のままでは輸送費がかさんでしまいます。そのため全体を真空袋に包み空気を抜いて真空パッケージにし、細くカチカチの棒状にして発送する、これがロールパッケージです。サイズが劇的に小さくなるので輸送費が安くなります。
スプリング型のマットレスではこういった方法は採れませんし、普通のマットレスでは型崩れしてしまいますが、高反発マットレスは優れた復元力があるためぺったんこ状態であっても袋から出して1日程度放置すれば元の形に戻ります。
海外製なのにロールパッケージになっていない商品は輸送費がかさんでいるはずですから、原価をかなり割り引いて考えなければなりません。それでいて安価であれば粗悪品ではないかと予測できます。
欧米ではマットレスで寝てきた長い歴史があり、発泡技術も進んでいるので安くて良いものが日本に入ってきます。国産品は欧米に比べると若干品質が劣りますが、輸送費があまりかからないため価格的に買いやすく、海外製と比べて不良品が少ない・交換が容易というメリットがあります。中国製は技術力が上がっているため品質はかなり向上していますし、お値打ち品が多いです。一方不良の発生率が国産より高いデメリットもあります。
品質を見極める一つの指針としてウレタン密度があります。15D(kg/m3)以下の物はスカスカで耐久力が全くありません。20~25Dクラスだとそこそこの性能があり、30Dクラス以上は密度的には十分な性能があると判断できるでしょう。購入を検討する際にはウレタン密度をチェックすることをお勧めします。