腰痛はなぜ起こるのか今すぐできる対策について

腰痛のせいで様々な悩みを抱えている人いませんか。仕事で長時間座りっぱなしでパソコンに向かっているだけで痛みがやってくる、腰痛のせいで趣味のゴルフやテニスができなくなった、いつ痛みが出てくるかわからないので普段から色んなことに気を使わなければならない、そんな悩みを抱えている方は少なくないでしょう。その腰痛とみなさんどのように戦っていますか。鎮痛剤や湿布でその場をしのいでいますか。整体やマッサージ、お灸、針、色んな治療法を試しておられる方もおられるでしょう。では、どうして腰痛になるのでしょうか。腰痛の原因はなんなのでしょうか。

 腰痛はもちろん年齢と共に現れてくるものでもありますが、姿勢や生活習慣が関係しています。

つまり、そのような場合、疲労が原因になっていることが多くあります。改善方法として、30分から一時間の感覚で、胸を開くストレッチをしたりすることで、同じ姿勢から解放してあげることができます。

また、いつも同じ方でカバンを持ってしまっている、姿勢が悪い、などの原因で身体の左右対称そして前後とバランスが崩れ、背骨がゆがんでしまうと、背骨の横に流れている太い血管が圧迫されます。すると疲労がたまっていくことで腰がいたくなってしまうのです。カバンを持つ際は左右のバランスを意識的に考え、クセになるまで持ち会えるなど工夫することが大切です。

今ではインターネットなどで腰痛に効くストレッチや、体操などが取り上げられていますが、自分にあった体操やストレッチがあり、無理をしたり、間違えてすれば、症状は悪化してしまうこともあります。大切なのは自分の腰痛の原因を知ることでしょう。まずは医師や専門家に相談し、それから自分でもできる治療法を見つけることができるでしょう。

モットンで睡眠をする事で腰痛の辛さを緩和することができるのです。

モットンの購入体験談-家族にもモットンを買ってあげたい・・・

モットンを買う前にはいろいろな高反発マットレスで悩みました。

実際にどれを買ったらよいかわからないのでどうしたらいいのかわからないのが正直なところでした。

実際にお店で試しに寝転んでみたこともありますし、
今テレビでも話題になっていて健康のためにも良いといろんな情報が入ってくるのでぜひ手に入れたいと思っています。

なぜどのように高反発ベッドが良いのかもっともっと新聞雑誌テレビで取り上げてほしいと思います。
できれば通販番組で取り上げてもらえるとすぐにテレホンショッピングで購入することもできますし、
家族で一緒に見ることもできるので、購入への道が短いかなと思います。

それに、テレホンショッピングで高反発ベッドを販売してもらえると、配達もしっかりしてくれますし、
おそらく古いベットも回収してくれるのではないかと思っています。

高反発マットレスをを試して腰だけではなく寝心地も最高だったので実家の両親にも買ってあげたいと思います。
モットンがもう少し安くなったら両親にも買ってあげたいです。
一家で二台3台と買えるぐらいのお手頃価格で高反発マットレスのモットン2とかが販売されたら嬉しいなと思っています。

今ではモットンを購入して本当によかったと思っているのでお金ができたら両親や旦那にも買ってあげて腰痛家系である私の家族みんなで使っていきたいと思っています。

高反発マットレスとは?

モットンをはじめとする高反発マットレスが何故腰痛に効果バツグンなのか。

そもそも高反発マットレス高反発マットレスって何?と思う方もたくさんいらっしゃるでしょう。

今回は高反発マットレスに関して具体的に解説していきます。

高反発マットレスは言葉だけ聞くと低反発マットレスと比べてとても硬そうなイメージがありますが、決して硬いわけではありません。マットレスを押した時にそれを戻そうとする反発力が低反発マットレスよりも大きいという意味です。
低反発マットレスは押したら押しただけ沈み、そのままの形を保ちます。押すのをやめれば時間を掛けてゆっくりと元の形に戻っていきます。こういった性質のマットレスでネタ場合、体の各部分へ均等に力が掛かるように思えますが、実際には普通のマットレスと同様に沈んだところに多くの力が掛かっており、必ずしも体に良いとは言えません。
高反発マットレスは文字通り高い反発力がありますので元に戻ろうとする力が強いため、沈んだところ、たとえば肩や腰の部分にしっかりと反発し高いクッション効果を示します。そのため人間の理想の睡眠姿勢を保ってくれるのです。立ち姿勢のまま横になった場合、背骨がS字カーブを描きます。これが理想の睡眠姿勢です。また、寝返りをすると横向きでの睡眠姿勢になりますが、そのときの理想の睡眠姿勢は背骨がまっすぐになった状態です。
人は睡眠時に寝返りを30~40回すると言われています。低反発マットレスの場合はやわらかく肩や腰が沈んでしまうため、最初の寝心地はいいのですが寝返りをしようとしても反発力がないため寝返りしづらくそのままの姿勢でいることが多くなります。沈んだ部位には力が掛かっているため長時間そのままの姿勢でいると肩こりや腰痛を起こす方がいらっしゃいます。
高反発マットレスは適度な反発力があるため寝返りすることがとても容易です。このために一晩中同じ部位に圧力が掛かったままにならず、圧力を分散するために腰痛などが改善されることが多くみられます。適度に向きを変えますから汗疹にもなりにくくなります。
このように、高反発マットレスはとても睡眠に適したマットレスだと言えるでしょう。特に肩こりや腰痛にお悩みの方にお勧めです。

腰痛は肩こりと並ぶ日本人の悩み

腰痛といっても様々な腰痛のタイプがあります。腰痛持ちの人はそれが自然になってしまって、放置しがちです。しかし、腰痛によっては大きな病気につながる可能性があるため、自分の腰痛タイプを振り返りましょう。

 まず、足に力が入らず動かせない場合は、足の神経がマヒしている危険性があります。次に、おしっこが出にくい場合は、膀胱付近の神経がマヒしている危険性があります。それ以上に危険なのは、急に体重が落ちた場合です。この場合は癌の転移の危険性が考えられます。このように、腰痛でも危険な病気が隠れている場合があるので、気づいた時にはなるべく早く病院を受診することをお勧めします。
肩こりで困っているという方と同じくらいに、腰痛で困っているという人の話しはよく耳にします。腰痛で悩む日本人は1000万人を超えているとも言われ、10人に1人が腰痛を持っている計算となります。テレビの番組や雑誌のメインタイトルにも「腰痛を治す、予防する」といった見出しが多いのも納得できます。

腰痛にはレントゲン画像では確認されないものが多くあり、これは現代人特有のストレスや不安なが起因していると言われています。また飲酒される人や喫煙者も腰痛になりやすいというデーターもあります。

腰痛の代表的なものには、ぎっくり腰はあるのですが、ぎっくり腰は癖なり繰り返し発症しやすいとも言われますが、それはぎっくり腰になりやすい生活や姿勢をしているからとも言えます。前傾姿勢でいることが多い事、椅子に座ると脚を組んでしまう、長時間座りっぱなしなど同じ姿勢でいる事が多い、介護や配送などで腰に負担のかかる仕事をしているなど様々なことが腰には影響しています。

女性の場合は、ホルモンのバランスが変わりやすく、自律神経が乱れやすいというのも腰痛の原因の大きな面を示しています。

腰痛予防には、まず腰回りの筋肉をつけるという事が重要です。腰周辺の骨を筋肉で防御するのです。また、突発的にいろいろな姿勢を余儀なくされる体の中心であるため、そこの柔軟性も必要で、その為ストレッチを毎日続けることをオススメいたします。要は腰を筋肉などで強靭化するとともに、その筋肉を柔軟性のある筋肉に変えることです。もちろん太りすぎも腰に多大な負担をかけるので、痩せるということも腰痛予防には必須と言えるでしょう。

腰痛で悩む主人がモットンを購入した

主人は長年の腰痛もちです。

疲れがたまってくると、くしゃみや高い所の物を取るなんて言う何気ないことでも

ぎっくり腰になってしまいます。

一度ぎっくり腰になったら数日は動けず、今までも大変な思いをしてきました。

我が家は子供が生まれ以来、フローリングのリビングに布団を敷いて川の字で寝ています。

敷いていたのは、結婚した時に買ってもらったごく普通の綿布団。

この布団も、年々ぺっちゃんこになりつつありました。

ある時、主人が「高反発マットレスモットン」を通販で購入していました。

腰痛に良い、と聞いたらしいのです。

その夜さっそく試す主人。

私も一回横にならせてもらうと、うーん、硬めで気持ちがいいんです。

厚さは10センチほどあり、

カバーがついており、これは外して洗えます。

カバーの上にさらにシーツを装着すれば、子供がおねしょをしても中までは大丈夫そう。

何より、中身があまり重くないので、干すのが簡単だし風を通すことでしっかり中まで乾きそうです。

子供がアレルギーのため、ダニ対策に力を入れている私には、この点も布団より良いなと思いました。

主人はフローリングの上に寝ていることで、布団を敷いていてもかなり腰に負担を感じていたそうです。

高反発マットレスのモットンにしてからは、腰が楽になったといいます。

実は私も、去年の冬にひざを痛めてしまったことがありました。

病院に行き、湿布や注射をしてもなかなかよくなりません。

特につらいのが冷える夜中で、私は必ずトイレに一回起きるのですが、起き上がるときにとても大変で苦労していました。

それを見た主人が、私の分の高反発マットレスを買ってきてくれたのです。

ひざだからなぁ、腰じゃないから関係ないと思うけどなと言いつつ、さっそくその夜から使用。

すると硬めのマットレスのモットンはひざへの負担も減らすのか、夜中に立ち上がるときとても楽でした。

それに、高反発マットレスモットンで眠ったのは初めてでしたが、寝返りがとても楽にうてるんです。

これは、実家の両親にも良いかもと思いました。

その後、ダニ、アレルギー対策として子供の分も買い、今は家族みんな高反発マットレスを使っています。

主人の物を買ってから1年がたちますが、まったくへこんだりつぶれたりしないのにも驚いています。

モットン以外にもできる腰痛対策!腰サポーターで腰の痛みが軽減

サッカークラブに所属している中学生の息子が、最近腰痛を訴えるようになりました。念の為に整形外科で診察を受けると、レントゲン撮影の結果、背骨が骨盤に近い辺りで曲がっていることが腰痛の原因だと判りました。

整形外科では、これといった治療方針が出される訳でもなく、痛み止めの飲み薬と湿布を大量に処方されました。1週間程、服薬と湿布で腰痛は和らいできた様子ですが、思い切ってサッカーに望める自信がないとの事で、私自身腰痛持ちでもなく、その効果も半信半疑でしたが、某サポーターメーカーの腰サポーターを購入してみました。そのメーカーの腰サポーターも仕様の変化で、値段もピンキリなのですが、腰用サポーターの中でもスタンダードなタイプで、結構固定力もあり、思い切ったプレーにも繋がるということを信じて、値段的には上から2番目の物でしたが、これで息子の腰痛を和らげサッカーが出来るのならと思い購入したのです。

中学生位の腰回りですと、サイズ選択に迷うところなのですが、大人用のSサイズで丁度良かったみたいです。大外のマジックベルトの締め付けだけでは、まだ余裕があるのですが、脇に付いた補助ベルトを前に引っ張るように締めることで、結構固いフィット感が得られるようです。

実際に、腰サポーターを装着してサッカーのプレーをしてみると、以前と比べて痛みが出ずらいと気に入ってくれた様子。

正直、中学生年代から腰にサポーターをしなければサッカーが出来ないようでは、先々が心配になってしまいますが、本人がサッカーを続けていきたいとの気持ちがある以上、腰痛を少しでも和らげてプレーに専念出来るよう対応してあげるのも親の務めなのではと思いました。

しかし体の要である腰ですので、将来的なことを考えると、サポーターで痛みを和らげることも1つですが、定期的に先日診断された背骨の曲がりも含めて、整形外科等で診察を受けていくことも忘れてはならないことなのだと思っています。

モットンと西川の布団どっちが腰痛に効果があるのか?

モットンと西川の布団の腰痛効果を比べるために
西川の布団の口コミをご紹介します。

安眠が翌日の体調を大きく左右するということを強く実感している私は、特に敷布団にこだわっています。

今、使っているのは、西川産業の整圧敷布団です。ムアツ布団が人気で有名な西川産業ですが、整圧敷布団はムアツよりもさらにお値段が高めです。私は、ムアツよりもワンランク上の商品だと捉えています。ムアツもなかなかの寝心地ですが、整圧敷布団を使い始めると、もう手放せなくなります。

体感的には、整圧敷布団のほうがしっかりと体を受け留めているような感覚がします。

特に仰向けに寝た時に腰が痛いと感じる方には、ぜひ一度、試してみて欲しいと思います。決して腰が反ったりすることなく、しっかりと沈んで自然な姿勢をキープすることが出来ることを実感すれば、その良さが分かるはずです。現に私は、この整圧敷布団を使い始めてからは、腰痛が治りました。

布団の硬さはニュートンという単位で表されているのですが、私は硬めで、沈んだ体全体をすっぽりと包み込むようなタイプが好みです。あまり柔らかいと寝返りを打つ時に目が覚めてしまうし、寝心地も少し硬いかな?と感じるくらいが良いといえるのです。

つまり、弾力性と硬さ(下から支える力)のバランスが良い敷布団が優秀な敷布団だといえます。

そのような敷布団で寝た時は、体に無理な力が入りませんし、体の重みでどこかに負担がかかるようなこともありません。特に仰向けになったときの姿勢は、とても自然なものです。例えていえば、寝ている姿を横から見ると、姿勢を正してまっすぐ立った時と同じ状態になっているのです。

こういった布団を選ぶ時に絶対に必要だと思うのは、自分に合ったものを選ぶことです。人から「この硬さがいいよ」と言われても、その硬さの布団が自分にとって寝心地のよいものなのかは、分からないからです。必ず店頭で靴を脱いで仰向けになったり、寝返りを打ったりして最低でも10分くらいは横になってみたほうが良いと思います。人目を気にしていては、良い布団に出会えないのでしょう。

モットンのマットレスで快適睡眠をとる

20年以上ベッドと柔らかい枕で寝ていました。
すると、ある時猫背がひどくなり、呼吸も苦しくなってしまいました。
腰痛も悪化し、寝返りが打てなくなってしまいました。腰痛には痛み止めの薬を飲んだり、外用薬を貼って対処しましたが、
薬の効き目が切れると痛みを感じ、薬物療法には限界があると思いました。
病院にかかることではないかなと思い、カイロプラクティックに行きました。相談してみたところ、柔らかいベッドが背骨に負担を
かけているとのことでした。そのため、体がずれてしまって呼吸も苦しくなっているということでした。
施術をしてもらい、体は楽になりましたが、毎晩ベッドに寝るのでまた同じことの繰り返しでした。寝返りを打つ時に痛みで目が覚めてしまいます。
カイロプラクティックでは、高価ですが、モットンというマットレスと、そのマットレス専用の枕すややかという物を売っています。
高くて買えない、でも、背骨や骨盤の歪みから来る苦しみから脱出したい、快適な睡眠をとりたい、色々考えて、貯金を崩してマットレスと
枕を購入しました。
モットンのマットレスは、片面が夏用、もう片方の面が冬用となっています。暑い夏の時期は夏用を表にして眠ると涼しく眠る事ができ、
寒い冬の時期には、マットレスの冬用を表にするとぽかぽか、朝まで暖かく眠る事が出来ます。
モットンは普通の敷布団よりも固めにできていて、毎晩それで眠るようになってから、寝返りが打てるようになり、腰痛が改善されたのです。
驚きでした。さらに、表現が難しいのですが、マットレスの表面がポコポコしていて、それが夜眠っている間に体の矯正をしてくれる役割が
あるそうです。こんな素晴らしい寝具があるなんて思ってもみませんでした。
そして、すややかという枕も固めにできていて、ストレートネックにならないように首の湾曲を保たせてくれます。初めは慣れませんでしたが、
今はその枕でないと眠れなくなってしまいました。
モットンとすややかのセットで、夜の眠りの時間が楽しみになりました。